TOP > 職場紹介 研修制度


■ 幅広いフィールド

総合メディカルグループならではの「フィールド」「人財育成」があなたの可能性を広げます。

マネジメント研修

薬局マネジメントの道へステップアップを目指す社員のための研修。役職に応じたマネジメント(人財育成、経営、運営)能力を養います。

薬局運営に必要なマネジメント力、指導力を段階的な研修で養います。
薬剤師の実務経験を積んだ後、選抜された薬剤師が薬局運営管理者として必要な知識やスキルを身につけます。
人財育成・リクス管理・店舗経営などのマネジメント能力向上や経営方針の理解を深めることを目的にそれぞれの経験や役職に応じた研修が行われ、やる気と能力次第で短期間でのステップアップが狙えます。

 
     
  • マネジメント研修ファースト
    キャリアアップの第一歩。薬局長になるために必要な、知識やスキルを身につけます。
  • ブロック長研修
    ブロック長のスキルアップを目的に行います。

  • 薬局長研修
    薬局長のスキルアップを目標に行います。管薬業務や労務管理について学びます。
  • マネジメント研修エキスパート
    ブロックをまとめる統括部長に必要な、知識やスキルを身につけます。
  • マネジメント研修アドバンス
    薬局店舗をまとめるブロック長に必要な、知識やスキルを身につけます。
学術大会(ファーマシーフォーラム)

「薬局の薬剤師自らが研究し、発表する場」として1998年からファーマシーフォーラムを開催しています。優れた取り組みを各店舗で共有し、薬剤師の質の向上に役立てています。優秀な発表については日本薬局学会など学会への発表演題として参加しています。

近年の最優秀演題
2011年 口頭発表 『授乳婦の薬剤選択』
  ポスター発表 『食事と薬剤の関係に着目した服薬アドヒアランス向上の取り組み』
2012年 口頭発表 『医歯薬連携への取り組み 〜薬剤性歯肉肥厚を通じて見える可能性〜』
  ポスター発表 『患者宅訪問による医薬品の実態調査と服薬管理 〜訪問薬剤師による服薬支援〜』
2013年 口頭発表 『認知症治療薬(リバスチグミンパッチ剤)の適正使用を目指して 〜介護費削減の視点から〜』
  ポスター発表 『塗り薬の混合調剤における実態調査と適正使用に向けた取り組み』

目指す未来は、十人十色。誰もが自分らしく輝ける活躍の場があります。
総合メディアカルグループの大きな魅力のひとつ、それが幅広いフィールドです。「薬剤師としてスキルアップを究める道」、「薬局運営を目標とする道」、「質の高い薬剤師を育てる道」、「経営分野で医療機関を支える道」など職種は幅広く、興味と意欲があれば、活躍のフィールドはどんどん広がります。一度しかない人生を価値高く生きるために、あなたらしく輝けるフィールドを、ぜひ総合メディカルグループで見つけてください。

●薬剤師から広がる幅広いフィールド

■ 人財育成・各種研修

めざす未来が近づく、多彩な教育研修。着実なステップアップを応援します。

充実した研修制度で、薬剤師として、企業人として社会に貢献できる「人財」を育てます。
医療機関のトータルサポートをおこなう総合メディカルグループでは、患者さんだけでなく、社会に貢献できる優秀な「人財」が不可欠です。そこで、薬学の知識や調剤のスキルはもちろんの事、コミュニケーション能力や医療人としての考え方を身につけることを重視し、さまざまな教育・研修プログラムで、徹底した人財教育をおこないます。当社独自の「人材育成システム」で着実なステップアップが可能です。

スキルアップ研修

薬剤師としてのスキルアップをめざす社員のための研修。より専門性の高い知識、スキルを身につけます。

総合メディカルグループ独自のeラーニングシステムで、着実なスキルのレベルアップをサポートします。
薬剤師のスキルアップの根幹を担う、独自の教育システム『GOES(ゴーズ)』。
薬剤師として必要な「医療知識」「コミュニケーション能力」「薬事・技能・態度」を段階的(レベル1〜10)に身につけていきます。インターネットを通じて、いつでも、どこでも、自分のペース・理解度に合わせて学習を進められます。年に数回、習得度確認テスト(eラーニング試験、一部実技テスト)を実施。年間を通じて、着実なレベルアップを図ります。

  • ●コミュニケーション研修
    患者さんへのコミュニケーション手法を実践形式で学びます。
    ※レベルに応じ、初級・中級・上級を設けています。

    模擬患者との窓口対応をロールプレイング方式で学びます。専門の教育を受けたスタッフによる実践さながらの研修は、自身の応対の課題発見につながり、より高度なコミュニケーション能力を身につけることができます。

  • ●医療知識研修
    実務に役立つ、高度な医療知識を学ぶことができます。

    「医療知識」「医療品知識」「薬物動態」など、医薬品が適正に使用されているかを判断するために必要な薬学的・医学的な知識を身につけることができます。さらに、医薬品の適正使用を担保するための「処方監査」「処方設計」「患者モニタリング」の方法についても学ぶことができます。

  • ●薬事・技能・態度研修(実技研修)
    薬剤師に必要な技術を実践形式で確認する研修。

    薬剤師に必要な「法令」の知識、調剤に関わる「技能」、ケアにかかわる「態度」を実技形式で学びます。スキルの習得度を個別に確認することができ、実務にいかすことができる研修です。

年間を通じて、様々な自己参加型の研修を開催、興味ある分野、学びたい内容について学習できます。

地域ごと、役割ごとに応じた研修
店舗内勉強会
ブロック研修
SP(模擬患者)養成研修
SPファシリテーター養成研修
教育担当者養成講座
薬剤師の専門性を高める研修
フィジカルアセスメント研修
在宅医療研修
在宅SP(模擬患者)研修
大学病院出向研修
海外研修
その他のスキルアップ研修
基礎・臨床融合薬学フォーラム
 九州大学大学院薬学研究院と
 協力を得てチーム医療を学ぶ
 フォーラムを開催
・通信教育講座「for」

©2010 TRUST CO.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.